少しでも分かりやすく伝えたい競争地位の4類型

少しでも分かりやすく伝えたい競争地位の4類型

こんにちは、しゃねろんです。
今回はそんな競争地位の4類型について説明していきたいと思います!

競争地位4類型とは

競争地位4類型は、市場のシェア率等に対して、どういった戦略を取っていけばいいかを示したものです。

競争地位4類型を分けた図

Wikipediaによると、
自社製品が市場でどれだけのシェアを獲得しているかによって、「リーダ」「チャレンジャ」「フォロワ」「ニッチャ」の4つの競争地位に分類され、それぞれが適した戦略を実行すべき
とあります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BC#%E7%AB%B6%E4%BA%89%E6%88%A6%E7%95%A5

それぞれの「リーダ」「チャレンジャ」「フォロワ」「ニッチャ」について説明していきます。

リーダー

トップシェアを誇る企業がこれに当てはまります。
トップが故に、様々な戦略を行うことで他の企業と差別化を行い、更なるシェア率の向上や事業存続を確立出来ます。
一言で表すなら「このままトップ維持するために需要の拡大とかいろいろする!」といったところでしょうか。

チャレンジャー

その業界のシェアが2番目や3番目のような企業がこれに当てはまります。
トップシェアではないけど、合併や様々な挑戦を行うことで、シェアトップを図る企業が含まれます。
一言で表すなら「トップ狙うためにいろいろ行う!」といったところでしょうか。

フォロワー

チャレンジャー戦略とは異なり、トップを狙いはせず模倣などをすることによって企業存続を行う企業がこれに当てはまります。
一言で表すなら「とりあえず今のシェアを確保しておこう!」といったところでしょうか。

ニッチャー

全体的に見ればシェア率は高くないものの、ニッチな商品やサービスを提供出来ている企業がこれに当てはまります。
一言で表すなら「こっちは自分のフィールドで戦うから!」といったところでしょうか。

まとめ

今回は競争地位4類型の「リーダー」「チャレンジャー」「フォロワー」「ニッチャー」の4つのグループについて説明してきました。
それぞれに最適な戦略はありますが、4つの中だと「フォロワー」が最も危うく、

  • 競合他社が多い
  • 独自性がないと埋もれてしまう

といった点もあるので、模倣等を行ったとしても独自性を持たせるといった工夫をする必要があります。

テーマ

現在使用中テーマは最新版

v.1.0v.2.0v.3.0v.3.1v.3.2v.3.3v.3.4v.3.5v.3.6v.3.7v.3.8v.shaneron選択しない(安定版)